投稿記事

歌舞伎観劇「十二月大歌舞伎」

こんにちは、箏曲演奏家の福田恭子です。

12月2日(日)から始まりました歌舞伎座百三十年「十二月大歌舞伎」に行ってまいりました。

24日の夜の部(Aプロ)の演目は「壇浦兜軍記 阿古屋」「あんまと泥棒」「二人藤娘」。

「壇浦兜軍記 阿古屋」は、剛勇として知られる平家の残党、悪七兵衛景清あくしちびょうえかげきよの行方を追い、景清の愛人である遊君阿古屋をとらえて白状させようとするも、知らないものは白状しようがないと突っぱねる。すると初めは箏、続いて三味線、最後は胡弓を弾くように命じられ、見事に弾き切ると、景清の行方を知らないという阿古屋の言葉に嘘偽りなしとされ、釈放されたというストーリー。

坂東玉三郎が演じる阿古屋が、箏・三味線・胡弓を演奏する姿はとても素敵でした!

歌舞伎観劇「十二月大歌舞伎」

幕間の食事も歌舞伎のお楽しみですね♪
「めでたい焼き」は、中にあんこだけでなく、紅白の団子も入っている、実に「めでたい」という名に相応しい鯛焼きです。隈取の焼印が押されたあんぱん(こしあん)も美味!

歌舞伎観劇「十二月大歌舞伎」
歌舞伎観劇「十二月大歌舞伎」

それにしてもあんこ食べ過ぎ…笑

箏曲演奏家 福田恭子

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログ*KoTo綴り*

楽曲解説

箏曲講座