投稿記事

2016年ロシア公演に向けて準備中

こんにちは、箏曲演奏家の福田恭子です。

今年10月下旬から11月上旬にかけてロシアに渡り、演奏会・研究発表・ワークショップを行います。

昨年はモスクワ音楽院で毎年開催されている音楽祭「日本の心」で、私は《五段砧》《菊の露》《松竹梅》を演奏させていただきました。

2015年モスクワ音楽院主催「日本の心」_松竹梅

今年はモスクワとサンクトペテルブルクにおいて、こちらの4曲を演奏させていただきます。

・ 《ゆき》(流石庵羽積(りゅうせきあんはづみ)作詞、峰崎勾当作曲)
・ 《秋の曲》(吉沢検校作曲、松阪検校箏替手手付)
・ 《八重衣》(石川勾当作曲、八重崎検校箏手付)
・ 《招春賦》(笹本武志作曲)

また、モスクワ音楽院の国際シンポジウムにて、「日本音楽における歌い物及び語り物の歴史:地歌の実演とともに」というテーマで研究発表させていただきます。

演奏会・研究発表・ワークショップと、多くのイベントの準備に追われておりますが、海外への邦楽普及と今後の海外演奏の基盤構築のため、残り1ヶ月、一生懸命準備を進めてまいります。

ロシア公演を行うにあたり、ただいま寄付金を募っており、一口1,000円から寄付することができます
詳細につきましては、企業メセナ協議会・寄付募集中のプロジェクト『若手邦楽演奏家によるロシア公演~伝統の継承と発展、それを担う若手演奏家の挑戦~』をご参照ください。

箏曲演奏家 福田恭子

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログ*KoTo綴り*

楽曲解説

箏曲講座