投稿記事

声のお仕事をする人が通うという耳鼻咽喉科

こんにちは、箏曲演奏家の福田恭子です。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私はといえば、ご多分にもれず風邪で少々喉が痛くなってしまったため、有楽町にある医療財団法人 藍樹会 東商ビル診療所という病院に行ってまいりました。こちらの病院は、アナウンサーや舞台人など声を使うお仕事をされている方が多く通っているとのことで、声楽の知り合いにお勧めいただきました。

特徴的だったのが、職業・出身大学・師匠は誰か?・いつから歌をやっているか?といったことまで聞かれ、記録されていましたので、職業などに合わせて診療してくれているようでした。また、声帯の写真を撮影して診てもらったところ、「声帯がしっかり鍛えられてる!」と言われました。あまり実感はないのですが(笑)

とりあえず声帯が傷付いたりはしていなかったようなので良かったです。1週間薬を飲んで様子見ということに。

「声が出なくなった時に診てもらったらすぐに声が出るようになった」というネットの口コミも見かけましたので、声が出なくてピンチという方は、参考にされてみてはいかがでしょうか。

箏曲演奏家 福田恭子

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログ*KoTo綴り*

楽曲解説

箏曲講座