投稿記事

ハープ演奏家福田恭子

こんにちは、ハープ演奏家の福田恭子です(笑)

この写真は、今月の23日に開催します「お茶とお箏を楽しむ会〜withハープ〜」の練習の際に、ハープ奏者の堀田千晶ちゃんと楽器を交換して撮ってみました

ハープとお箏は、どちらも木製の弦楽器という共通点がありますが、音を合わせた時の相性がとても良く、思わず鳥肌が立ってしまいました。ぜひ皆様ともこの感動を分かち合いたいです。

また、ハープには弦がたくさんあるだけではなく、ペダルが7つもあり、それぞれのペダルを必要に応じて踏んで半音階を作るんです!!右手も左手も使って、足も両足を使って、頭も使う大変な楽器ということに気づかされました。

ハープ演奏家福田恭子

ほんの少しですが、練習風景をご覧ください!

イベント当日は、ハープとお箏それぞれの楽器の構造や、楽器の事情など、皆様からの質問を受け付けながら詳しくご紹介します!

さて、「お茶とお箏を楽しむ会〜withハープ〜」は、おかげさまで続々とお申込みをいただき、残り7席となりました!

「お茶とお箏の会」は今後も開催したいと考えていますが、次にハープとの共演が聴けるのはいつになるか分かりませんので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

また、お茶の知識がなくても、気軽にお抹茶とお茶菓子を楽しんでいただける会ですので、気負わずに参加してくださいね。

会場で皆さまにお会いできますことを楽しみにしています。

お茶とお箏を楽しむ会〜withハープ〜

イベント詳細・参加申込はこちら

箏曲演奏家 福田恭子

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログ*KoTo綴り*

楽曲解説

箏曲講座