投稿記事

今小町(菊岡検校作曲)

作詞 不詳
作曲 菊岡検校、箏手付八重崎検校
調絃 三絃 二上り→三上り→高本調子
   箏 平調子→中空調子

歌詞

松の位に柳の姿、桜の花に梅が香を、籠めてこぼるる愛嬌は、月の雫か萩の露

露の情に憧れて、我も迷ふや蝶々の、恋ひしなん身の幾百夜いくももよ、通ふ心は深草の、少将よりも浅からぬ、浅香の沼の底までも

引く手あまたの花あやめ、たとへ昔の唐人からびとの、山を抜くてふ力もて、引くとも引けぬ振り袖の、すいな世界の今小町

高き位の花なれば、思ふにかひも嵐山、されど岩木にあらぬ身の、みのいたづらになるとても、いなにはあらぬ稲舟の、沈みもやせん恋の淵、逢はぬ辛さは足曵の、山鳥の尾の長き日を、恨みかこちて人知れず

今宵逢瀬の新枕、積もる思ひの片糸も、とけて嬉しき春の夢

現代語訳

傾城けいせい(遊女)の最高の職名を「松の位」といった。柳の姿のように美しく、しかも桜の花に梅の香を籠めているような馥郁ふくいくたる容姿は、何人なんぴとも魅了しないではおかない。

我もまた、花を求める蝶のように迷い、月の雫か萩の露の情けを得たいものと、恋しい心は日ごとに募り、通う心は深草の少将が小野小町のもとに百夜通い続けた執念にも劣らないつもりだが、それもはかない望みに過ぎない。

松の位ともなれば、引く手数多であるが、たとえ山を抜くような強い権力や財力でも、嫌となればなびかない。それが色町の女の心意気なのである。我も我もと、思って通う人は多いが、いずれは片思いに終わることであろう。

しかし、女の心は木石ではない。粋な男の手管にかかれば、否応もならず、深い恋の渕に落ち込むのである。さて、そうなれば、逢えぬ辛さを人知れず怨みかこちながら、長い一日を待ち暮らす。

やがて、今宵は待ち焦がれた人が訪れる。日頃の募る思いの数々も淡雪のようにとけ去ることであろう。

箏曲演奏家 福田恭子

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログ*KoTo綴り*

楽曲解説

箏曲講座