投稿記事

お箏の部品の名称を知ろう

こんにちは、箏曲演奏家の福田恭子です。

今回は、お箏の部品の名称について学んで行きましょう。

部品の名称

お箏は、架空の生き物である「龍」に見立てて各部の名称が付けられています。

お箏の説明_表

演奏する側の先端部分は、龍の頭に見立てて「龍頭(りゅうとう)」という名称が付いており、絃を支えている部分を「龍角(りゅうかく)」、絃を通している穴の部分を「龍眼(りゅうがん)」といいます。

龍頭の断面部分は「龍舌(りゅうぜつ)」といい、普段は「口前」という専用カバーを付けて保護しています。

演奏する側とは反対部分を「龍尾(りゅうび)」といい、絃を支えている部分を「雲角(うんかく)」といいます。

胴の上面は「龍甲(りゅうこう)」、側面は「磯(いそ)」といいます。

お箏の説明_裏

そして、裏面は「龍腹(りゅうふく)」といい、内部には様々な手法で彫りが施されています。

絃の名称

お箏には絃が13本張ってあり、奏者の向こう側から一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、斗(と)、為(い)、巾(きん)と数えます。

11〜13番目の絃には特別な名称が付いていますが、これは楽譜に「十一」と記載されていた場合、11番目の絃のことを示しているのか、10番目と1番目の絃のことを示しているのか区別がつかないためです。(十二と十三についても同様)

斗、為、巾という名称は、かつて仁(じん)、智(ち)、礼(れい)、儀(ぎ)、信(しん)、文(ぶん)、武(ぶ)、斐(ひ)、蘭(らん)、商(しょう)、斗、為、巾と呼ばれていたことに由来します。

※今回ご説明させていただいた内容の動画もございますので、こちらもあわせてご覧ください。

箏曲演奏家 福田恭子

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログ*KoTo綴り*

楽曲解説

箏曲講座