投稿記事

箏の調絃の種類について

こんにちは、箏曲演奏家の福田恭子です。

柱

箏は「柱」を立てる位置によって音の高さが変わり、右に移動すると音は高く、左に移動すると音は低くなります。

ピアノのように音の並び方が固定されているのではなく、曲に合わせて柱の位置を動かし、音を変えていきます。

たとえば『六段の調』(八橋検校作曲)であれば「平調子」という決まった調子(音の並び)を使用します。

このように、「曲に合わせて音の並びを変える」ことを「調絃」といい、様々な調絃のパターンがあります。

今回は、主に古典曲で使用する、代表的な調絃を紹介します。

※五線譜に表記されている、一の音は、1オクターブ下の音を使用する場合もあります。
※基本の音が壱越(一=D)の場合

平調子

最も基本的な調絃で、八橋検校によって考案されたものと言われています。
平調子

半雲井調子

平調子より八を半音下げ、九を1音上げた調子。
半雲井調子

雲井調子

平調子より三・八を半音下げ、四・九を1音上げた調子。
雲井調子

本雲井調子

雲井調子より巾を半音下げた調子。
本雲井調子

中空調子

平調子より六・斗を半音上げ、七・為を1音下げた調子。
中空調子

古今調子

平調子より四と九を1音上げ、二を七と同音にした調子。
古今調子

乃木調子

平調子より四・六・九・斗を半音上げた調子。
乃木調子

楽調子

平調子より四を1音上げ、六・九・斗を半音上げた調子。
楽調子

特に初心者の方は、調絃を取る際、チューナーを利用して音を取ることも可能です。
また、クリップ式のチューニングマイクも揃えておくと、周囲の雑音がある場所でも、より確実に調絃を取ることができます。

箏曲演奏家 福田恭子

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログ*KoTo綴り*

楽曲解説

箏曲講座