投稿記事

「箏」と「琴」の違いについて

こんにちは、箏曲演奏家の福田恭子です。

普段、あまりお箏に馴染みのない方にとっては、「箏」でも「琴」でも、どっちでも一緒だと思われているかもしれませんが、実はそれぞれ異なる楽器なのです。

今回は「箏」と「琴」の違いについて、分かりやすく説明したいと思います。

琴について

歴史の流れ的にまず「琴」についてお話ししたいと思います。

埴輪_琴を弾く男子

日本古来からある「こと」は和琴(わごん、やまとごと)と呼ばれ、六本の弦を持つ楽器であり、弥生時代の遺跡から発掘例があるそうです。

また、古墳時代の遺跡からは、琴を弾いている人物をかたどった埴輪も発掘されているそうです。

琴には柱がなく、弦を押さえるポジション(これを勘所(かんどころ)と言います)を変えることによって音の高さを決めるのが特徴です。

箏について

十三弦

奈良時代になると、中国の唐から十三本の弦を持つ楽器が伝来しました。

それが「箏」で、現在一般的に知られているものになります。

箏の胴の上に立てられた柱(じ)という可動式ブリッジを動かして音の高さを決めるのが特徴です。

まとめ

このように日本古来の「琴」と中国伝来の「箏」は、本来は異なる楽器なのですが、「箏」という字が常用漢字ではないため、「琴」という字が一般的に用いられるようになったのです。

それで「箏」と「琴」が混同されるようになってしまったのですね。

柱(じ)があるのが「箏」、ないのが「琴」と覚えておくと良いでしょう。

箏曲演奏家 福田恭子

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログ*KoTo綴り*

楽曲解説

箏曲講座